クラブを制するための大阪での条件!ガッツリ笑いを

クラブを制するための大阪での条件!ガッツリ笑いを

大阪でナンパをするようになったのは、人生の中での趣味がなかったから。女性と単純に話をしたいと思うようになったときにこれがスタートをしました。

 

 

なぜか精神的に病んできた。これってなぜだろうか?明日からの毎日が自分の理想とする現実にかけ離れているからなのか?それとも生きることに疲れたからか。

 

 

そんな時におすすめなのがクラブでのナンパだ。全てを忘れるにはちょうどいいと思っています。

 

 

アンモナクラブの口コミ!体験談

 

 

気になる方は上のサイトでナンパのお役に立てていただければと思いますね。

 

 

 

プラスで利点なのは男性との友達作りとのきっかけになるところではないでしょうか?結局毎日作り続けることは無理な話で、それならぼちぼちの戦場にぼちぼちを送り出す手法のナンパでも悪くない。

 

 

健康第一、低コスト人生の2つです。

 

健康第一は読んで字のごとくです。
別に健康に気を使った食事をしたりはしませんが、
無理をしない、心身になるべく負担をかけないことを
モットーにしています。
一度健康を害したら取り返しがつきませんから。

 

なにせお金で買えない最も大切なものが
命と健康ですから。

 

低コスト人生というのは何に対してもコストをかけない人生のことです。
私は肝心なのは収入ではなく支出だと考えています。

 

 

年収1000万でも年の支出が980万ならその家の家計はいっぱいいっぱいですが、
年収300万でも年の支出が150万円なら家計に圧倒的な余裕があります。
これは極めて重要なことです。

 

年1000万使う人は500万貯金があっても半年しか持たないので安心できませんが、

 

年150万しか使わない人が500万貯金があれば3年以上持ちます。
もし年100万しか使わない人なら5年持つのです。
何が起こるかわからないこの現代日本、
この低コスト体質はなにより重要ではないでしょうか。

 

 

 

あの強くて大きい恐竜も、高コスト体質ゆえに滅びたのです。
(氷河期の地球では恐竜が食べていくだけの食料がなかったので)
そして小さくて弱い哺乳類は、低コスト体質のおかげで生き延びたのです。

 

(氷河期の地球でも、哺乳類が食べていくくらいの食料はありました)
人間も同じことだと私は確信しています。
低コスト体質であればあるほど、生存性が高いのです。

 

 

この低コスト人生で一番大切なことは、
例え余裕があっても生活レベルを決してあげないという事です。
人間贅沢を知れば弱くなるもの、
一度年1000万使う生活を知ってしまえば

 

 

 

以前の低コスト生活に戻るのはきわめて難しくなるでしょう。

 

 

なので、常に低コスト体質を意識して維持し続ける。

 

これが私が人生でもっとも気をつけていることです。

 

 

 

 

大阪のクラブでのナンパは難易度が結構高い!

 

 

東京に比べると大阪のナンパはかなりガツガツしている。女性に話かけていても普通にとなりの男性が割り込んで、取られた経験もあります(笑)

 

 

 

かなり悔しいですが、それが大阪ならではで楽しいですね。

 

 

 

特に若者向けならミナミ!

 

 

 

 

クラブミュージックを楽しみながら、べっぴんさんを飲むだけでも最近はクラブを楽しめる私(笑)

 

 

 

 

クラブに来てる大阪の女の子はギャルだけじゃないし、清楚系の大学生もいるのがポイント!

 

 

 

特にナンパをする上で非常に役立っているのがこれ

 

 

濃い記事が多くて、自分で言うと公式サイトに必見するぐらいの体験談とかなんすよね。